トップページ 自己紹介 政策 市政情報紙 メールマガジン 日記
 
トップ>政策
政策
 

今、日本は時代の転換点にあります。人口減少・少子高齢化に伴う税収の減少や社会保障にかかる経費の増大など、国と地方自治体を取り巻く状況は、今後一層厳しくなっていくことが予想されます。枚方市でも人口減少社会に応じた効率的なまちづくりへの転換をどのように図っていくのかが、大きな課題です。

また、今の市民サービスや社会保障制度は次の世代に負担を先送りすることで成り立っています。枚方市も毎年80億円ほどの赤字地方債を発行し、その累積残高は500億円を超え、今後も増加の一途をたどると予測されています。また、国と地方を合わせた借金が1000兆円を超える状況は皆さんもご存知のとおりです。さらに枚方市の人口は30年後には2割減少し、高齢者の割合が35%になるとされています。人口や税収が右肩上がりとなることを前提とした「高度経済成長時代」の政治・行政の仕組みは、すでに制度疲労を起し限界が見えてきています。今こそ、人口減少社会に対応した新たな仕組みへの大きな転換が必要です。

人口減少・少子高齢化の時代においても枚方市を「持続的発展が可能」なまちにするためには、税収減少、社会保障費の増大への早急な対応がカギとなります。まず現役世代への投資に重点を置くことで、定住人口の確保・人口誘導を図り税収の安定を目指すこと、次に政治・行政のこれまでの役割を見直すなどの行財政改革を進め、効果的・効率的な行政運営を図っていくことです。さらに限られた税金がよりよい行政サービスの充実に使われるよう、 施策の「選択と集中」を徹底的に行っていくことです。

これまでの仕組みを変えることについては、既存の仕組みの上に成り立つ既得権団体の大きな抵抗もあります。しかし、私は子どもたちの未来のためにも、覚悟を決めて改革を断行していく決意です。

特に行政にしかできない仕事は何かを常に問いながら「税金の流れの透明化」「ムダの排除」「既得権の見直し」に取り組むことで、既存の政治・行政の仕組みを改革し「すべての世代が安心して心豊かに暮らせる持続的発展が可能なまち」枚方の実現に全力で取り組んでいきます。

※私が市議会で行った質問については、市議会での活動記録のページに掲載しています。
※私の考え方や方向性、活動方針については、Q&Aのページにも掲載しています。
 
目指すべきまちの将来像

人口減少・少子高齢化の時代であっても
「すべての世代が安心して心豊かに暮らせる持続的発展が可能なまち」

 
新しい政治への挑戦
「利益誘導」から「税金の使い方のチェック」へ

「顔つなぎ」「口利き」で選ぶ政治から「政策」で選ぶ政治へ

納税者の声を政治に反映するため立ち上がる
市議会議員になって早くも4年の任期が終わろうとしています。組織・団体が既得権を守るために政治家を支援し、政治家は市民のためではなく支援団体のために活動をする。その結果、事業費や補助金などが必要以上に膨らみ、お金が足らなくなったら借金して将来に先送り。税金を使う側の意向で政治が行われ、税金を納める側の意向が政治に反映されない。
こんな政治に疑問を持ち、選挙で必要とされる「地バン」「看バン」「カバン」もなく、ただ「志」ひとつで市議選に挑戦したのが8年前。一度落選を経験し、初当選は2度目のチャレンジでした。

利益誘導型の政治により国と地方の借金は1000兆円に
これまでの議員は、特定の団体・地域とつながり、その要求要望を行政に「口利き」し「利益誘導」を図ることで選挙の票につなげてきました。また、その実行力が議員の資質・力量とされてきたのです。
しかしその結果が、必要以上に膨らんだ「あったらうれしいな」程度の市民サービスとそれに伴う財政の悪化です。国と地方の財政規模は税収以上に大きく膨らみ、今では借金が1000兆円を超えるまでになりました。もちろん税収以上の市民サービスは、将来世代(子どもたち)に負担を先送り(借金)することで成り立っています。

人口減少社会を迎え「新しい政治」への転換が必要
人口減少・少子高齢化社会を迎え財政状況が厳しさを増す中、議員の活動も「利益誘導」から「税金の使い方のチェック」へ、また有権者の意識も「顔つなぎ・口利き」を基準に選ぶ政治から「政策や想い」を基準に選ぶ「新しい政治」への転換が求められています。

「顔つなぎ」「利益誘導」の政治からの脱却
今でも8年前の「志」は変わっていません。単に議員で居続けることが目的ではなく「政治を変える」という想いで活動をしています。この4年間「顔つなぎ」や「利益誘導」中心の活動とは一線を画し、議員本来の役割である市政のチェックに徹してきました。選挙の票や目先の実績だけを追い求め、市民にいい顔をするのではなく、あしたの枚方のために必要だと思うことは、一部の人に嫌われることも恐れず取り組んでいく覚悟です。

未来に希望の持てる枚方をめざし、改革派の力を結集
市議会での1期4年間の取り組みの中で、実現に向けて動き出した施策もあれば、まだ道半ばの施策もあります。施策の実現には、政策の方向性が近い政治家・政治団体との連携・協力はもちろん、多くの方々のお力が必要です。今後も皆さまのお力をお借りしながら、未来に希望の持てる枚方市となるよう全力で施策実現に取り組んでいきます。

 
改革の基本方針(以下の方向性で議会活動に取り組んでいます)

T.行財政改革 人口減少社会に対応した効果的・効率的な市役所運営
  民間活力の導入やムダな事業の見直し

今後、人口減少・少子高齢化の進展により、市税収入の伸びは期待できない一方、扶助費(福祉関連経費)は年々増加していくことが予想されています。また、毎年の財源不足を補う赤字地方債の残高も増加し、将来世代の負担増が懸念されます。

このような状況の中、持続的発展が可能なまちとなるためには、行財政改革による効果的・効率的な市役所運営は不可欠です。市の税金の使い方をチェックし優先順位を付けるとともに、民間に任せた方がサービス向上・経費縮減につながる事業や、既に役割を終えた事業などの見直しに取り組んでいきます。

 ■財政規律の確保

   赤字地方債の発行抑制
   公会計改革の推進(複式簿記・発生主義の採用、財務諸表の作成)
   財政運営基本条例の制定 など

 ■市役所業務への民間活力の導入による市民サービスの向上とコスト縮減
   図書館・生涯学習施設など公共施設への指定管理者制度の導入拡大
   技能労務職場の民間委託の推進 など

 ■各種団体等への補助金・委託費をゼロベースで見直し
   人権まちづくり協会
   エフエムひらかた
   勤労市民会
   シルバー人材センター
   校区コミュニティ協議会
   朝鮮学校 など

 ■市有財産の有効活用
   国・府施設との合築による市庁舎の統合
   公共施設の整理統合
   未利用土地及び遊休資産の有効活用・売却 など

 ■市役所業務の効率化と職員の意識改革
   市役所のペーパレス化の推進
   SNSを活用した広報・広聴機能の充実 など

U.人事・給与制度改革 公務員を「身分」から「職業」へ
   給与水準の適正化と年功序列の打破

市職員の給与は、民間企業と比べて高い水準にあります。市の人件費は約200億円もあることから、その適正化により大きな財政効果が見込まれます。

また、年功序列の給与制度により、上司と部下で年収の逆転現象が発生し、職員のやる気の低下が懸念されています。年功序列を打破し、頑張った職員が報われる給与制度への改革が必要です。

公務員を「身分」から「職業」へと変えるため、民間企業や先進自治体の事例を参考に、制度の抜本的な改革に取り組んでいきます。

 ■給与制度の見直し
   民間企業の実態を反映した給与水準への見直し
   技能労務職員の給与水準の適正化
   年功序列から責任と処遇の一致する制度への改革
   高年齢職員の給与抑制
   時間外勤務手当の抑制 など

 ■人事制度改革
   相対評価による人事評価の実施
   民間企業経験者・専門職の採用枠の拡大
   管理職の公募の実施
   民間同様の人物重視の採用方法の導入  など

V.公正・公平な市政 労働組合などの不当な既得権と闘います
   労働組合への便宜供与など「えこひいき」を許さない

枚方市では、革新市政の時代から職員労働組合への不当な便宜供与が行われてきました。時代とともに少しずつ改善されてはいるものの、組合ぐるみで市長選挙や議員選挙に関与することで、いまだ多くの既得権が守られています。

また、地域に目を向ければ一部の校区コミュニティ協議会や自治会で「民主的な運営がなされていない」「組織を政治活動に利用している」「補助金の使途が不透明」などの問題が深刻化しています。

市政は公正・公平に運営されるべきで、一部の声の大きい人たちだけのものではありません。私は一切の既得権を認めず、公正・公平な観点で行政運営が行われているかをチェックするとともに、不当なものに対しては毅然と闘っていきます。

 ■職員労働組合への便宜供与の見直し
   事務所の使用料満額徴収
   市役所での政治活動の禁止
   選挙活動目的での組合休暇取得の防止 など

 ■市長及び職員の公正・公平な職務執行の確立
   利害関係者による市長への寄付や供応の禁止(市長倫理条例の制定)
   市役所での『しんぶん赤旗』の勧誘・配布・販売についての調査の実施 など

 ■校区コミュニティ協議会・自治会の民主的運営の確立
   民主的運営のルール化
   政治利用禁止のルール化
   収支状況の全面公開」 など

 ■情報公開の推進
   審議会の全面公開
   労働組合との交渉状況の公開
   予算編成及び条例立案過程の公開
   市税の減免状況や金額の見える化推進
   口利き防止施策の推進 など

 ■その他
   市役所の市民相談部門の強化・整備
   監査部門の強化及び外部監査制度の拡大 など

W.定住促進・人口誘導による税収の確保 住宅都市としてのまちの魅力向上
   施策の「選択と集中」により子育て支援・教育の充実など「未来」へ重点投資

人口減少社会を迎え、定住促進・人口誘導を図り、転出による人口減を抑制することが急務です。特に地域の活力となる若い世代の定住促進は、安定した税収の確保に不可欠であり、持続的発展が可能な自治体となるための大きなカギとなります。

そのためには、施策の「選択と集中」による子育て支援・教育施策の充実など未来への重点投資をはじめ、安心・安全なまちづくりの推進など、ベッドタウンとしての都市の魅力を向上させることが必要となってきます。すべての世代が枚方市に「住みたい、住み続けたい」と思ってもらえるような施策の充実に取り組んでいきます。


 ■定住促進・人口誘導への戦略的展開
   戦略的なシティプロモーションの推進
   人口減少社会に対応した総合計画の策定
   転入、転出に関するアンケート調査の実施
   2世代・3世代同居者への支援  など

 ■未来への重点投資
   様々な手法により1年間通して待機児童をゼロに
   病児保育の拡大
   少人数学級の推進
   創造力・表現力を高める教育の推進
   ICTを活用した教育の推進
   いじめ・体罰の防止
   通学路の安全対策の実施
   学校図書館の充実
   児童発達支援センターの整備促進
   若者の就労支援の促進 など

 ■安心・安全なまちづくり
   浸水対策の促進(雨水貯留施設の整備促進や雨水流出抑制施設設置義務化など)
   減災対策の推進
   成年後見制度の活用
   障害者の就労支援の促進 など

 ■都市基盤整備
   枚方市駅周辺再整備の推進(魅力と賑わいのある市駅前に)
   コンパクトシティの推進
   公共交通網の充実・利活用促進 など

X.議会改革 チェック機能の強化と政策提言機能の充実
   
効果的・効率的な議会運営

 ・政務活動費の収支状況をインターネットでの公開(私自身は自主的に公開中
 ・議員報酬の見直し
 ・常任委員会での所管事務調査(政策提言)の充実
 ・本会議及び常任委員会のネット中継の実施
 ・市議会のペーパレス化の推進
 ・市議会事務局の強化・整備(議員の政策立案や調査活動へのサポートを充実)

 
行動指針(かじや知宏が活動を行っていく上での指針)
T.特定の組織や団体の利益代表者ではなく、自立した市民の立場で行動します
U.私たちの納めた税金の使い道を、市民の目線でチェックします
V.枚方市政の現状や問題点などを市民の皆様に分かりやすくお伝えします
 
Copyright(C) 2006 かじや知宏 All Rights Reserved
かじや知宏 〒573-0171 大阪府枚方市北山1丁目23番57号
TEL:072-809-0733 FAX:072-851-5651 E-MAIL:tomohiro@t-kajiya.com